読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

once upon a time,

Iris Tradをビール片手に聞くのが好きなエンジニアが、機械学習やRubyにまつわる話を書きます

Apple storeがWe'll back soonに……

雑談

もうすぐ、新型iPhoneだとかiPod touchの発表なんでしょうね。amazonでも32G touchが20000円引きで売られていることですし。

なぜ気づいたかって?Xcodeをダウンロードしようとしたら、メンテナンス中だったからだよ。iTunesStoreはXcodeの入手には必要なかったみたいです。そういえば、、、
参考URL:Mac OSX Build and Run! Xcodeの入手方法

今起きている問題は、Buffalo製のLS-C1.0TLに保存してあるiPhoto Libralyが不可視フォルダになって見えないということ。これにより、開けない状態になっているわけです。で、ターミナルを立ち上げて、dfをしてみると、どうもiPhoto Libralyが置いてあるディレクトリが複数あるわけです。

/Volume/photo
/Volume/photo-1
/Volume/photo-2
で、それぞれ中を見てみると、無印と-1のところにはiPhoto Libralyのみ入っている状態。作成されているのがそれぞれ休みの日の夜中だから、もしかしたらNASがバックアップしている時にiPhotoを開いていて、変なことになったのかなぁ、とか勘ぐってみる物の原因は不明。

明日起きてから対処ですわ。

    • 関連サイト--

MacOSX 不可視ファイルの解除方法(&パスの通しかた) - WEB + PC[[Macでネットワークディスク(NAS)を自動マウントする方法|BAMBOoのAppleでMacなiPhone徒然草
もしかしたら、Nas navigator2を入れたときに自動マウント利用するようにしたのが悪いのかも。キーチェーンがおかしくて、大抵ゲストアカウントでマウントされてるし。