読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

once upon a time,

Iris Tradをビール片手に聞くのが好きなエンジニアが、機械学習やRubyにまつわる話を書きます

オオムラサキの羽化をCanon iVIS HF M31で撮影してみた

Canon iVIS HF M31を買ったので、それを使って動画をとってみました。
なかなか写真と違ってどういうストーリーでとるのかとかを考えないといけないのが難しいところです。

北杜市にあるオオムラサキセンターという所で撮影したのがこちらの動画。

[youtube=http://www.youtube.com/watch?v=yhAWBACKLM4]
撮影しながら思ったことが、撮るのにかなり集中しないといけないため、自分の目で見ることがなかなか難しいこと。後、個人的にはオオムラサキが国蝶であることも妻に教えてもらうまでに知らなかったのですが、実際の羽化に立ち会えるとなったらとてもワクワクしましたね。子どもにもこういう体験が大事なんだなぁと思う一方、デジタル教科書なんかで「映像で見せればいい」と言う人は、それはベターな手段ではあるけどベストではないと気づいているのかな?と思いました。やはり、実際に自分で体験したことというのは記憶に強く焼き付くしモチベーションも高まるというものです。そうしたバーチャルでは得難い体験(バーチャルではというよりも、そのイベントに立ち会えたという感覚が大事なのかも)というのは、大事になっていくのでしょう。
10年ほど前に、インターネットが発展するときにどんどん部屋にこもるんじゃないか、という危惧がなされていた記憶があるのですが、そのとき「皆が外に出たくなるようなインターネットになるにはどうしたらいいだろうか?」と思っていたら、mixiやらTwitterやらで外に出たくなるインターネットの環境というのはあっという間に広がったのに驚きを隠せないです。

しかし、今時は限定公開などでフルHD動画を共有すれば、実家にいる祖父母に孫の顔を見せるのは一番楽なのかも、とか思いました。