読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

once upon a time,

Iris Tradをビール片手に聞くのが好きなエンジニアが、機械学習やRubyにまつわる話を書きます

iPhone for everybodyの2年縛りを解除したらパケット定額フラットにしかならなかった

iPhone

一言で言うと、iPhone for everybodyを使ってパケット定額フル(参考)で契約したら、パケット定額forスマートフォンに変更できなかったという話です。
現在、パケット定額forスマートフォンパケット定額フルで契約されている方は対象外かと思われます。

二段階定額のままiPhone3Gの2年縛りを外せるか

自分は2009年5月にiPhone3Gを契約したのですが、最近のソフトバンク網のつながりの悪さを考えて、2年縛りを外すことを計画していました。

その時、参考にした記事の一つがこのtogetter
Togetter - 「iPhoneの2年契約、残したままにしてませんか?」

この記事では、二段階定額制のパケット放題forスマートフォンについて、こう言及されています。

http://twitter.com/merihiko/status/25382652131409920

自分としては、WiMAXなどと組み合わせることも検討していたので、パケット定額forスマートフォンは重要な選択肢の一つでした。

サポートセンターに電話をしてプラン変更の前に「パケットし放題フラットとパケットし放題forスマートフォンは自由に切り替え可能ですか?」と質問をさせていただいたところ、最初はできると聞いたのですが、その数分後に折り返し電話がかかってきました。

「現在、パケットし放題forスマートフォンへ移行出来るのは、2011年11月11日以前にiPhoneをご契約されて、かつ契約時にパケットし放題フラットしか選択できない時期のお客様のみです」との連絡でした。

どうも話を聞いてみると、パケットし放題forスマートフォンへ変更できる人というのは、パケットし放題フラットしか選べなかった人への救済措置だ、という事なのです。

選べる選択肢は

なので、自分のようにパケット定額フルとiPhone for everybodyで契約した人は、
  1. 現状の二年縛りを更新することで二段階定額を選ぶ
  2. パケットし放題フラットに変更をして二年縛りを外す
という選択肢を選ばなければならないようです。選択肢がほぼありませんね。

なお、現行のバリュープログラム(i)標準プライスプランは二年縛りの付いた新しいホワイトプランでないと、契約ができないようです。

先日のソフトバンクWi-Fiスポットの件といい、なかなかソフトバンク側に不利な事はどんどん変えられていきますね。