once upon a time,

Iris Tradをビール片手に聞くのが好きなエンジニアが、機械学習やRubyにまつわる話を書きます

ドイツでFONICのプリペイドSIMを使って光ポータブルを試してみた

ドイツで光ポータブルを使って、FONICのプリペイドSIMを使ってみました。

ソフトバンクdocomoの海外パケット定額は2000〜3000円/dayとお高め、MIFIも980円/day〜ともう一声という風に感じていたため、現地でプリペイドSIMを購入してみることに。

事前にtwitterやブログなどで先人達の情報を仕入れて臨みました。
参考URLはこちら

今回は、kaufhofというドイツ版ジャスコに入っている家電量販店、Saturn(ざとぅーんという発音なんですね)にて購入しました。現地で住んでいる人に、この辺りで英語が通じる携帯屋はないか?と聞いたら教えてもらいました。
デュッセルドルフは英語が通じない所が多い気がします。あと、車がないと店に行けないので、旅行がてらの調達は結構厳しいです。

余談ですが、ドイツは思った以上に英語が通じませんでした。
更にSIMやらAPN周りの専門用語を分かっている人が必要なので、なかなか大変です。

必要なもの

  • 光ポータブル(SIMフリー版)
  • SMSが使えるSIMフリー携帯
  • インターネット回線
  • iPhoneiPadなど使いたいWifi機器

1.プリペイドSIMを購入する

今回選んだSaturnですが、なかなか曲者でした。
事前情報では「O2やVodafoneアクティベーションとチャージにはドイツ語必須なので、公式店舗で購入してアクティベーションとチャージをやってもらうように」とあったのですが、その事実に気付いたのは、購入後でした。
APNについての情報は事前に気にしていたのですが、アクティベーションとチャージには意識が回っていませんでした。

「データ定額で3G使えるプリペイドSIMはないか?SMS使える携帯ないから、他の手段でアクティベーションできるものが良い」と聞いたところ、オススメされたのがFONICのプリペイドSIM。
9ユーロで10ユーロ分のチャージが含まれており、定額もtagflatという日単位の定額で2.5ユーロ/day, 一ヶ月25ユーロ/monthとお得です。回線はO2のMVNOということで、APNを聞いてみたところ、O2のものでいけることが分かりました。
肝心のアクティベーションも、「インターネットでできるよ!」と言うので、信じて購入しました。途中でt-Mobileの方がアクティベーションの不安がないという記憶を思い出し、店員に在庫はないか?と聞いてみたら、「在庫切れだ」ということ。ここで諦めてしまいました。(これが全ての敗因!ドイツは諦めたらそこで試合終了です)

2.アクティベーション、チャージ

電話かインターネット(FONICのサイト)でチャージということでしたが、電話は恐らくドイツ語。そんなん無理だ!と思い、滞在先でPCをお借りしてWebでのアクティベーションを試みました。
でも、全部ドイツ語!英語がひとかけらもなく、心が折れそうでした。

英語の解説サイトを調べ当てて、参考にFONICのユーザー登録とアクティベーションしました。
チャージもWebで行いました。
最初、FONICのサイトのユーザー登録とアクティベーションが同義だと思い、チャージ出来ずにかなりハマりました。

ここまで、SMSレスで行けました。

3.データ定額オプション(tages-flat)の設定

結論から言うと、これは完了しませんでした。

やり方は、FONIC(あるいはO2)のSIMが使える携帯電話からSMSで、

START TAGESFLAT
と送れば良いそうです。
良いそうです、というのは、お借りしていたSAMSUNGの携帯電話では全て大文字で入力する方法がわからず(!)、諦めて最初の一文字だけ大文字でやったのですが、無理でした。

ちなみに、USBスティックタイプの通信モジュールだと、デフォルトでtages-flatになっているようです。これも後から知りました。

従量課金であっという間にチャージが尽きてしまいました。

通信の繋がりやすさ

O2は都市部に強いという話は聞いていましたが、郊外の滞在先ではちょっとつらかったです。夜間にシャッターが降りると、ほとんど通信できなかったです。それでも従量制ではチャージが削れていくんですよね…。

まとめと教訓

  • SMS使えるSIMフリー携帯必須。
  • 契約はキャリア公式店舗で最後まで面倒みてもらうこと。
  • コストが多少かかっても良いなら、Mifiレンタルの方が楽(\1280/day)
  • 英語でやり取り出来るのはすごい楽。英語勉強するの大事!