once upon a time,

Iris Tradをビール片手に聞くのが好きなエンジニアが、機械学習やRubyにまつわる話を書きます

#JuliaTokyo 01で「Julia100本ノック」を発表してきました

JuliaTokyo 01で発表してきました。
取りまとめをしてくださった @sorami さんには感謝です。

事の発端は、Julia vs Pythonを読んだ@bicycle1885Machine Learning Casual Talksで「Julia勉強会やりましょう!」といったことでした。
そこで、Tokyo.RでRをdisっ紹介してきた @soramiとコンタクトをとり、始まりました。

まさか、本家のJuliaConの半分の40人近くの参加者が集う場になりました!(Julia歴24時間以内の人も多かったですが...)
togetterこちら

先日公開した、Julia100本ノックの発表をしてきました。その時の記事

http://www.slideshare.net/chezou/julia-100-exercises-juliatokyo

日本でおそらく一番Juliaにコミットしている@bicycle1885さんと意気投合したら、いつの間にかやることが決まっていたJuliaTokyoですが、貴重な日本語の資料が集まったいい機会でした。

また、PontusさんにはJuliaConの様子を世界でおそらく一番最初に報告してもらったり、Feature Engineer vs Machine Learnerなんて話も飛び交って非常に面白い場でした。

パフォチューするのに読んでおくべきページはこちらです

パッケージの作り方とか、C++バインディングどうしたらいいの...な話とかが聞けて個人的には大満足でした。
また、IDEどうしたらいいんだよ!問題は非常に白熱をして、Julia Studioはオワコン説、IJulia最高!いやいやLightTable素晴らしいだろ。グローバル変数書いたら負けだからIJuliaとかどうなの、REPLの補完最高では?みたいな熱い戦いが繰り広げられました。

https://twitter.com/chezou/status/485465372695339009

さて、第二回は?という話が出ていましたが、きっと発表者ドリブンだと思いますが、おそらくフェーズとしてはカンファレンススタイルよりもくもくする会を定期的に開催するのが良さそうですねーという話をしていました。

みなさん、Scikit-learnをpure julia移植すればワンチャンありますよ