読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

once upon a time,

Iris Tradをビール片手に聞くのが好きなエンジニアが、機械学習やRubyにまつわる話を書きます

バッキバキになっていたNexus5を$40で修理した

Ingress をやるときに自転車のマウンタから飛んでしまってバキバキになってしまったNexus5。 大きい画面でKindleも読みやすい!と言っていたけど、ガラスが割れてから使用率がぐっと下がっていました。

Googleプレイ版は修理するのに三万円近くするというので四万円で買った機体の修理代じゃないなと思って諦めていたのですが、ふとした事からebayで変えの液晶を探したら$40.23で売っていたので買ってしまいました。(Amazon.co.jpだと一万円くらい)

買ったのはこちらから。 注文から2週間くらいで届きました。

Amazonだとこれかな。

ケースを開ける道具やドライバーも付いているとの触れ込みでしたが、Y字ドライバーは含まれていませんでした。なので適当に家にあった小さいマイナスドライバーで代用。

やり方は、ifixitに書いてあるのをそのままやれば良いです。

だいたいレベル感としては、ノートPCのHDD換装くらいなのでお手軽です。

途中の新旧液晶パネルの裏側とバックパネルたち

途中最大の山場はバッテリーを両面テープから剥がす時。これは少しドキドキしました。

新しくなった画面(気泡が入ってるのは、ガラスフィルム適当に張りすぎたからです)

液晶はものによってはタッチの効きが悪くなると聞いていたのですが、今回買ったものについては特に問題ありませんでした。

id:penguinco 先生に捧げる記事でした