読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

once upon a time,

Iris Tradをビール片手に聞くのが好きなエンジニアが、機械学習やRubyにまつわる話を書きます

iPhone 6sのバッテリー交換には電話サポート+エクスプレス交換がオススメ

噂のiPhone 6sのバッテリー交換に当選しました。症状としては、突然電源断が起こるというもので、ちょいちょい突如落ちる現象には悩まされていました。

当選確認は、以下のサイトでシリアル番号をいれることで確認できます。 https://www.apple.com/jp/support/iphone6s-unexpectedshutdown/

当選したら、以下のサイトから「修理サービスを申し込む」で進めていきます。 https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/battery-power

で、ここからが本題ですが、特に東京近辺の人たちは、カジュアルにアップルストアに行けるため、すぐに終わるため店舗に行って修理交換をすることが多いと思います。ですが、今回は一斉にバッテリー交換が発生したため、バッテリーの店舗在庫が切れていたり、代替となるiPhone6sの在庫も切れているという状況になっていたそうです。

今回は、店舗ですぐ交換できないという情報を同僚などから聞いていたため、試しに電話サポートを受けて見ることにしました。 というのも、電話サポートならその時々のおおよその在庫状況を把握していることが期待でき、最短の選択肢を提示してくれると考えたからです。

「今すぐアドバイザーと話がしたい」を選ぶと、30秒後に電話がかかってきてトントン拍子に話が進んでいきました。「rebuildでアメリカ人は何でも電話で解決したがる」ということを言っていましたが、やはり音声情報でやりとりするのは密度が高いためスピーディーに解決しました。先方も数をこなしていたため、的確なポイントを聞いていただけましたし、予想通り店舗は在庫が切れているため1,2週間かかり、かつ複数回店舗に行かなければならないということを教えていただきました。

また、音声でやりとりしているため必要な時のみ「iPhoneを探す」をオフにするなど、合理的なタイミングで必要最小限の作業をするのですみました。おそらく、チャットサポートだとやりとりが倍になっていたのではないかな、と想像します。

最終的には、エクスプレス交換という、ヤマトの宅急便で新しいiPhoneと交換してくれる方法を教えてもらい、そのまま電話で手続きが完了しました。

エクスプレス交換は家で受け取りをしなければならないという手間はかかりますが、受け取り即発送となるので受け取ることができれば復元するだけです。また、通常の宅急便と同様に再配達のお願いもできるし、原則的に追加のお金がかかるわけではないので店舗に複数回行く必要もなく良かったです。

[12/18追記] エクスプレス交換はAppleCare+加入だと無償で使え、そうで無い場合は3000円程度かかるそうです。地方などでAppleCareに入っておらずリコールにお金かかるとすると、かなり酷いですね…。 また、クレジットカードで7万円程度のお金が保証金として引き落とされ、後日返却されます。 thx @tsuboi !

[/追記]

結果として、月曜に手続きをして金曜に交換完了するという5日で済んでしまったので、とても満足しています。また、はじめてアップルの電話サポートを受けましたが、他の日本のメーカーのようなたらい回しや待たされる体験もなく、やりとりも無駄にへりくだることもなく非常に気持ちが良かったです。

交換時には、SIMも抜いて保護フィルムもカバーも外さなければいけないので、フィルムは買い直しました。

当選したけどまだ交換していないという人は、お試しあれ。