読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

once upon a time,

Iris Tradをビール片手に聞くのが好きなエンジニアが、機械学習やRubyにまつわる話を書きます

Amazonで買ったThinkpad トラックポイント キーボードを修理した

みんな大好きトラックポイントキーボードですが、僕も昔使っていて最近miyagawaさんが使っていると知って再び使うようになりました。

今はThinkpadIBMからLenovoに移管したので、故障などしたらLenovoに問い合わせる必要があります。 ですが、保証書には3年保証と書いてあるものの、問い合わせ先のドメインIBMのままで連絡先がわかりません。 そのため、Amazonで買って故障を経験した人が、「次回は修理ができるように通常の販売店で購入します」と書くなど皆さん苦労されているようです。 今回買って3ヶ月(厳密にはWishlistからいただいてから3ヶ月)で壊れたトラックポイントキーボードを修理したので、やり方をメモしておきます。

1. 保証書とAmazonの購入履歴を用意する

Amazonは、アカウントサービスの注文履歴から、「注文の詳細/購入明細書」というのが見ることが出来ます。 通常、Amazonで買った保証書には、店舗名等は記載されていないのですが、こちらの購入明細を用意できれば問題はないそうです。

僕の場合は、wishlistからいただいたものだったので、送っていただいた方に連絡をしてPDFを送付していただきました。

f:id:chezou:20170419185029p:plain

2. レノボ・スマートセンターに問い合わせる

レノボ・スマートセンター(Lenovo スマートセンター)

電話で問い合わせをします。携帯からだとお金がかかるので注意してください。 電話は、「Thinkpadシリーズ」と「その他・よくわからない場合」で分岐するところがあるのですが、なんとなく後者にしてしまいました。

症状とともに連絡をしましょう。 なお、自分の場合はある朝起きたら熱を持ったキーボードが反応しなくなっていたため、修理を依頼しました。ケーブル起因なのか、マシン起因なのかということを問われるので、事前に切り分けをしておくと良いでしょう。

3. メールで保証書とAmazonの購入履歴を送付する

先方から教えていただけるメールアドレスに対してメールを送ります。すると、折り返し電話がかかってきます

4. 交換品が送られてくるのを受け取る

交換品を佐川急便さんが送ってきてくれました。大体2,3日で配送されましたが、在庫が切れたタイミングなどでは1週間ほどかかることもあるそうです。

5. 故障品を送り返す

数日後、別便で故障した品を受け取りにくるそうです。来るそうですと言っているのは、まだ自分の場合はsend backをする前の状態だからです。正直、iPhoneなどと同じようにその場で発送できてもいいのにな、と思います。

というわけで、Thinkpadトラックポイントキーボードが壊れても、無事交換していただけます。安心して使い倒せますね!